社員教育はコレにお任せ!eラーニングシステム導入が最適|Technology Solutions

ビジネスを円滑に進めるならeラーニングシステムが必須

日常業務への影響が少なく、教育や研修コストをダウンできるなどeラーニングシステム利用で得られるメリットは多々あります。社員教育のためにも活用を検討してみましょう。

eラーニングシステムの活用法一覧

  • 新卒内定者が入社するまでに基礎的な知識を身に付けてもらう
  • ビジネスマナーやパソコンスキルなど学べる内容を人に合わせて変更して学習する
  • 集合研修では業務に支障が出てきてしまうためそれぞれ自席で研修をする
  • WEB会議のようなディスカッションする場をeラーニングシステムでサポートする
  • 社員ひとりひとりが成果や目的を達成するために必要なeラーニングを自分で探して学習する
  • 日々変わりゆく経済状況の中で自社の課題やテーマについて都度学ぶ
  • ここ数年重要視されるようになった企業コンプライアンスの重要性について学ぶ
  • 企業が新たな体制に変わるなど新制度の周知に活用する
PC操作

動画講座を簡単に共有

ビジネスには欠かせない基本的な知識を会得できる動画講座はたくさんあるので、新入社員に受けさせたいと考える会社もあるでしょう。しかし、万人向けに作られた動画講座は、会社によって異なる独特な知識まではフォローしてくれないため、新入社員への研修に使えない場合もあります。それならば、会社独自の知識を盛り込んだ動画を作成して、新入社員に見せてしまいましょう。現在では、eラーニングシステムを提供してくれるサービスがあるため、作成した動画講座を社内で共有するのはとても簡単です。もちろん、eラーニングシステムは動画を共有するだけではなく、研修の管理にも使えるので、新入社員への教育にはピッタリのサービスだといえます。

お試しを利用しよう

eラーニングシステムがどのようなものか分からないのなら、とりあえずでもお試しで利用してみましょう。使ってみれば、どのようにして新入社員への研修が行えるのかわかるため、会社にとって必要なものかハッキリさせることができます。ちなみに、お試し期間が設定されていないeラーニングシステムを利用したいのなら、サービス提供者の説明を受けることから始めるとよいです。動画講座の使い方や管理の仕方を詳しく教えてくれるので、導入のメリットとデメリットを十分に把握できます。

一から作る必要はない

独特な知識を教える動画講座は自前で用意するとしても、ビジネスで必要となるすべての基本知識を教える動画講座を作るのは面倒でしょう。その場合は、さまざまな動画講座が提供されているサービスを使えば、会社側の負担をグッと減らして、新入社員への教育が簡単に行えるようになります。挨拶や名詞の渡し方など、基本知識を習える動画講座が数多く用意されているので、新入社員に学んで欲しいものがあるeラーニングシステムと契約しましょう。

広告募集中